NEWS

トピックス

公開日:2006.08.11

九州大学病院 救命救急センターを開設 [08/11]

トピックス

救命救急センター
救命救急センター開設記念式典
 九州大学病院は、[救命救急センター]を8月1日(火)に開設しました。同センターは、福岡市東部地域を中心とした三次救急患者を二十四時間体制で受け入れ、19名の専任医師が各診療科等と連携しチーム医療を展開するもので、九州大学病院の既存の組織と協力して行う併設型センターとして全診療科の人材と医療機器を活用して、九州大学病院が総力を上げて取り組むものです。


 また、救命救急センターは32床の救命救急病床を擁し、救急外来処置室、センター専用の集中治療室や冠動脈疾患治療室を備え、その周囲に後方病床を確保し、各専門の診療科や集学的治療を集中的に行う各センター(ハートセンター、小児医療センター及びブレインセンター)、地域医療連携センターと連携して治療にあたります。さらに、今後は新病棟屋上のヘリポートを活用し、ヘリコプターによる遠隔地からの患者受け入れ体制を整備する予定です。


 同センターが設置されたことにより、広域災害に対する災害拠点病院として、救急医療を担う医療スタッフの人材育成施設として、さらには一般社会に対する災害・救急医療の教育・啓発施設としての貢献が進むものと期待されています。


 8月7日(月)には、救命救急センターの開設を記念して、開設記念式典を医学部百年講堂で開催しました。式典には救急医学関係者、自治体関係者及び県内の病院長など学外から61名と学内から105名の出席があり、水田病院長(写真下)、梶山総長及び砂川医学研究院副研究院長の挨拶に続いて、岡本福岡県保健福祉部医監、山本日本救急医学会代表理事及び佐田福岡市救急病院協会会長から祝辞が述べられました。


九州大学病院地区マップ
  (住所:〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1 電話:092-641-1151(代))

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る