NEWS

トピックス

公開日:2006.06.22

学生時代に多くの経験を -梶山総長が六本松キャンパスで講義[06/21]

トピックス

 平成18年6月21日(水),九州大学六本松キャンパスで,梶山総長が全学教育科目「社会と学問」の講師として登壇し,「材料物性における時間の概念」と題して,学部1・2年生約210人に講義を行いました。

 この全学教育科目「社会と学問」は,学問が社会をどのように支え,動かしているのかについて九大OBを中心に各界から講師を招き,体験に根ざした「講義」をしていただく科目です。

 講義の中で梶山総長は,「学生としての期間を九大の中だけで過ごすのではなく,海外の大学へ留学したり,サマースクールを受講するなど色々なところで貴重な体験してほしい。自分の人生において重要な決断を迫られたときに,過去の経験が豊富な人ほど,よりよい選択ができます。」と自分の学生時代の体験を交えながら話をしました。

学生に講義する梶山総長 講義を受ける学生たち

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る