NEWS

トピックス

公開日:2006.05.15

稲盛和夫 京セラ(株)名誉会長、人生哲学を語る[05/12]

トピックス

 平成18年5月12日(金)、京セラ(株)名誉会長、KDDI(株)最高顧問の稲盛和夫氏が、九州大学創立95周年開学記念講演会で「リーダーのあるべき姿」と題して講演しました。

 稲盛名誉会長は、京セラの設立、第二電電の設立など現在に至る歩みを縦糸に、自分を支えた考えや先人の言葉などを例に、求められるリーダー像を90分間にわたって語り、アクロス福岡シンフォニーホール満員の約1,800名の聴衆に深い感銘を与えました。

曰く
  「人間として何が正しいかということを経営の判断基準にしようと考えた」
  「京セラの経営理念の第一は全従業員の幸福追求である」
  「西郷隆盛が『敬天愛人』という言い方で同じことを言っていることに勇気づけられた。『敬天愛人』という言葉は、世界にあるすべての京セラで掲げている」
  「リーダーに一番大切なのは『無私』であり自己犠牲の心である」

 九州大学は、稲盛名誉会長が京セラ(株)やKDDI(株)、「財団法人稲盛財団」、経営塾「盛和塾」の設立などを通じて、本学はもとより、我が国の教育研究に多大な貢献をしたとして、九州大学名誉博士の称号を授与しました。
 またこの日、稲盛名誉会長は講演に先立ち伊都キャンパスを見学。水素エネルギー利用社会実現のための研究を進める教員たちと熱心に語り合い、技術者、研究者としての一面を見せました。また、工学部学生に講義を行い、「人生で大切なのは、能力や学問以上に、どういう哲学、考え方をもって生きるかだ」「利他の心を少しでも身につけて生きれば、人生はすばらしい展開を見せるだろう」と語りました。


講演する稲盛名誉会長 講演に聴き入る参加者

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る