NEWS

文部科学大臣表彰 12名が受賞 [04/12]

公開日:2006.04.12

 

トピックス

 本学の教員12名が、平成18年度科学技術分野文部科学大臣表彰 科学技術賞、若手科学者賞を受賞しました。
 表彰式は平成18年4月18日(火)12時から虎ノ門パストラル(東京都港区虎ノ門4-1-1)で行われます。

都甲 潔(システム情報科学研究院教授)
 -生体を模倣した味覚センサの開発-

○渡邉 俊明(薬学研究院教授)
 -フリーラジカル消去作用を有する脳保護材エダラボンの開発-

石原 達己(工学研究院教授)
 -新規高酸素イオン伝導体を用いる低温作動型SOFCの研究-

伊藤 早苗(応用力学研究所教授)
 -高温プラズマの異常輸送と遷移過程の研究-

内海 英雄(薬学研究院教授)
 -生体計測磁気共鳴画像装置による生体内活性酸素動態の研究-

鵜野 伊津志(応用力学研究所教授)
 -アジア域の化学天気予報システムの開発-

江頭 健輔(医学研究院助教授)
 -動脈硬化性疾患の分子機序解明と遺伝子治療法開発に関する研究-

橋爪 誠(医学研究院教授)
 -医療・福祉分野におけるコンピュータ支援技術の振興-

吉村 和久(理学研究院教授)
 -科学技術による自然の仕組みの解明とその理解増進-

久保 友明(理学研究院助教授)
 -地球内部における高圧相転移カイネティクスに関する研究-

西田 基宏(薬学研究院講師)
 -循環器分野における心不全形成に関わる情報伝達の研究-

三森 功士(生体防御医学研究所助手)
 -癌抑制遺伝子FHITの臨床作用に関する研究-


このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る