NEWS

トピックス

公開日:2005.03.09

東京で九州大学学術研究都市シンポジウム開催

トピックス

 平成17年3月3日(木),都内の千代田会館において,「どうなる大競争時代の大学経営」と題して(財)九州大学学術研究都市推進機構主催のシンポジウムが開催されました。 当日は、東京在住の九州大学同窓生、学術研究都市に関心を持つ関係者をはじめ164名が参加しました。

 冒頭,石川敬一理事長の「今年の10月開校に向け,これまで以上に学術研究都市造りに取り組んでいきたい。」との挨拶に引き続き,山崎広太郎福岡市長が「九州大学移転とまちづくり」と題して講演を行いました。「福岡市はアジアの中核拠点都市として発展している。「知の拠点」としての九州大学を,町づくりの面からしっかり支えていきたい。」と語りました。

 続いて,パネリストに遠山敦子元文部科学大臣,北城恪太郎経済同友会代表幹事・日本IBM会長,石川憲一金沢工業大学学長,天野郁夫独立行政法人国立大学財務・経営センター研究部長,梶山千里九州大学総長,コーディネーターに早川信夫NHK解説委員を迎え,パネルディスカッションが行われました。

 その中で,九州大学が法人化によって取り組みが可能になった「研究スーパースター支援プログラム」という「人」への支援,「戦略的教育研究拠点としての5つのセンターの新設・拡充」という「組織」への支援,また,学生主役を強く打ち出している金沢工業大学の取り組みなどを事例にあげ,今後の大学のあり方,課題について活発な意見が交わされました。

 なお,このパネルディスカッションの模様は,NHKのBSⅡ「BSフォーラム」で4月2日(土)午後5時から全国放送予定。九州沖縄エリアでは、4月29日(日)教育テレビ16:00~17:00「テレビシンポジウム九州沖縄」で放送予定。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る