NEWS

お知らせ

公開日:2011.10.06

本学におけるヒ素化合物の紛失について

お知らせ 重要

本学におけるヒ素化合物(ヒ酸1水素2ナトリウム)の紛失について


 九州大学生物環境利用推進センターにおいて、10月4日、実験に使用していたヒ素化合物(ヒ酸1水素2ナトリウム)15.06グラムを紛失したことが判明しました。
同センターでは、9月29日に実験室において、准教授1名とテクニカルスタッフ1名が実験のために上記ヒ素化合物を使用しました。その際、使用したヒ素化合物を実験室のテーブルに置いたまま部屋を施錠せず退出し、2時間半後に実験室に戻って実験を継続しました。
 10月4日に、同准教授がヒ素化合物15.06グラムがないのに気付き、全力を挙げて捜索にあたりましたが、見つからないため、10月5日に福岡東警察署に届け出を行いました。
 同センターで利用しているヒ素化合物は、毒物及び劇物取締法により医薬用外毒物に指定されており、本学においても法令及び学内規程に基づき適正な管理に努めているところですが、このたびの紛失により学内外の皆様に大変なご心配、ご迷惑をおかけすることとなったことについて深くお詫び申し上げます。
 本学は、このような事態となったことを厳粛に受け止め、全学の毒物及び劇物の管理方法の見直しを行い、二度とこのような事態を起こさないよう取り組んでまいります。


平成23年10月6日
 九州大学生物環境利用推進センター長 松岡 健

 

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る