NEWS

育児期間中の女王アリにおいて飛翔筋分解と同調した「胸嚢」の形成過程を解明

 
~女王アリが飲まず食わずでワンオペ育児をできるわけ~

公開日:2022.06.02

 

研究成果 Physics & Chemistry

ポイント

  • トビイロケアリ女王は、新たなコロニーを単独で創設する過程で食道の一部を袋状に膨張させ、幼虫のための液状の餌を貯蔵する「胸嚢」を形成した。

  • 胸嚢形成は飛翔筋の分解に続いて生じ、その筋分解で生じた胸部背方の間隙を占めるよう時間的・空間的に調和した。
  • 膨張する予定の食道背面部にみられる肥厚した食道壁のシワ構造は、胸嚢形成に特殊化した構造であることを示唆する。

 

概要

 玉川大学大学院農学研究科の宮崎智史准教授らの研究グループは、トビイロケアリ女王が新たなコロニーを単独で創設する際、餌のない条件下でも子を育て上げること、その育児期間に胸部食道の一部を膨張させ、幼虫のための液状の餌を貯蔵する「胸嚢」を形成することを明らかにするとともに、その形成過程を詳細に報告しました。トビイロケアリ女王が行うコロニー創設はアリにとって典型的な様式であるため、今回明らかにした胸嚢形成の過程は多くのアリに共通するのではないかと示唆されます。

 本研究の成果は2022年5月31日(火)に米国の国際科学雑誌「Arthropod Structure & Development」にオンライン掲載されました。

トビイロケアリの蟄居型コロニー創設と、それに伴う女王の内部構造 (特に食道及び飛翔筋)の形態的変化。約6週間の創設期間のうち、2-5週目 は女王が単独で育児を担い、最初のワーカーを育て上げる。その過程でまず 飛翔筋(青)の分解が起こり、生じた空間に食道が膨張、すなわち胸嚢が形成される。胸嚢内には油状の液体(黄)が貯蔵されており、幼虫に与えると考えられる。

論文情報

タイトル:Thoracic crop formation is spatiotemporally coordinated with flight muscle histolysis during claustral colony foundation in Lasius japonicus queens

掲載誌:Arthropod Structure & Development

DOI: https://doi.org/10.1016/j.asd.2022.101169

 

研究に関するお問合せ先