NEWS

株式会社安川電機との包括的な連携について

公開日:2021.06.25

 

トピックス

 国立大学法人九州大学(所在地:福岡県福岡市、総長:石橋 達朗、以下「九州大学」)と株式会社安川電機(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:小笠原 浩、以下「安川電機」)は、これまで産業用ロボットの制御技術の開発などプロジェクトごとに提携していた関係をさらに強固にするべく、最先端の技術の研究開発や人材交流など幅広い連携を目的として、包括的な連携強化を推進していくことに合意いたしました。
 安川電機とは、2019年2月1日に組織対応型連携を締結し、「力制御技術の成熟と体系化およびその技術を用いた人の代わりとなり得る柔軟に人の協調作業を行うことのできるロボティクス技術の開発」をテーマとした共同研究を推進してきました。今回の包括連携により、双方の保有する人的資源、知的資源、施設、設備等を更に活用し、安川電機の事業力の強化と九州大学の学術研究・教育活動の活性化を図っていきます。
 昨今の製造現場においては、生産人口の減少による深刻な人手不足や少子高齢化といった社会課題に対する自動化ソリューションに加え、IoTを活用した生産性の向上など、より高度で技術的な課題への対応を求められています。こういった課題に対して、九州大学は安川電機と連携して課題解決を目指し、共に社会で役立つより実用化に近い研究開発を推進していきます。今回の包括的な連携の中では、先端技術の発信や学生インターンシップ、大学講座等のプログラムを通じた人材交流も視野にいれ、研究開発に留まらない、幅広いオープンイノベーションを加速させていきます。
 九州大学は、1911年の創立以来、基幹総合大学としてその歴史と伝統に培われた教育と研究を行い、優れた人材を国内外に輩出してきました。今後も、最先端の研究や医療、また専門性の高い研究成果によって広く社会に貢献していくとともに、これまでの産学連携の取組やSDGsの達成のための活動をさらに推進していきます。

会見の様子

石橋総長と株式会社安川電機 小笠原 浩代表取締役社長(右)

お問い合わせ

人九州大学 学術研究・産学官連携本部 産学官連携推進グループ
電話:092-802-5135
Mail:alliance★airimaq.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。