NEWS

九州大学と双日、 分離膜を用い、大気から二酸化炭素を直接回収する技術と その関連技術の社会実装に関する覚書を締結

公開日:2022.02.09

 

トピックス

国立大学法人九州大学(以下「九州大学」)と双日株式会社(以下「双日」)は、大気から二酸化炭素(CO₂)を直接回収する技術(Direct Air Capture, 以下「DAC技術」)とそれに関連した最先端基盤技術の実用化・事業化の推進を図るための覚書を締結しました。九州大学と双日は、持続可能な社会の実現に向けて、最先端の実用化技術を活用した社会実装を通じて社会課題解決とカーボンニュートラルへの取り組みを推進します。

  • DAC技術とは、大気中のCO₂を直接回収する技術です。これまでのDAC技術は、工場や火力発電所の排気ガスなどCO₂濃度が高い排出源でのCO₂回収に用いられてきた、吸収・吸着剤を用いる回収技術がベースとなっていました。しかしこの方法では、CO₂を回収した後、加熱や減圧によってCO₂を再回収しなければならず、このために要するエネルギーの多さが課題となっています。また従来のDAC技術では、DAC設備の導入に制約がある場合が多く、設置場所が限定されるという問題もありました。

  • 九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(以下「I²CNER」)が研究開発を進める、世界で初めての膜を用いたDAC技術は、空気を膜でろ過するだけでCO₂を回収するため、導入地点の制約が大きく緩和され、さまざまな場所で回収装置が設置可能です。また、吸収・吸着方式で必要であったCO₂の再回収が必要ないため、必要エネルギーが大幅に削減可能です。

  • 回収されたCO₂は、燃料、化学品等の原料としての活用や、農作物の栽培、飲料、ドライアイスの製造等に直接利用できます。膜を用いたDAC技術の活用により、CO₂の利用場所が広がることが期待されます。

  • 九州大学では、膜を用いたDAC技術とCO₂転換技術の2050年までの世界普及を目指し、実用化に向けたさまざまな技術の開発を行っています。

  • 九州大学は、この膜を用いたDAC技術とCO₂変換を統合するという研究計画を提案し、内閣府が後押しするムーンショット型研究開発制度(未来社会を展望し、実現すれば大きなインパクトが期待される大胆な発想に基づく挑戦的な研究開発を推進する制度)に採択されました。研究の中で「2030年には社会実装に向けた必要機器が開発済みになり、大量生産して社会実装に向けて動きだす」という目標が掲げられています。

  • 現在は社会実装を想定した複数の企業ならびに大学から成る産学連携体制設立の準備を進めており、その中で九州大学と双日の覚書締結が実現しました。

  • 今回の覚書は、I²CNERが培ってきたCO₂の回収、貯留、変換などカーボンニュートラル、さらにはカーボンネガティブを目指す世界最先端の知見と双日が推進する脱炭素に向けた取り組みの知見をベースに、カーボンニュートラル・ネガティブの実現に必要な要素技術の社会実装に関する協業・連携の可能性を追求すべく、締結するものです。

  • 締結後は、産学連携体制を基盤に膜を用いたDAC技術の研究開発を促進し、商業化の実現を目指した協議と活動を行います。

【覚書の骨子】

  1.  締結日:2022年2月1日
  2.  テーマ:DAC技術における社会実装に向けた提携
  3. 内容:
    (1)目的:①DAC技術を中心としたCO₂回収に関する最先端の技術情報交換
          ②当該技術領域の実用化・事業化の推進に向けた仕組みづくり
    (2)期間:2022年2月1日から2023年1月31日
    (3)対象とする主な研究領域:
       ①CO₂分離・回収
       ②CO₂変換・固定化
         ③社会工学

大気から資源を得る新しい炭素資源循環社会

  • トップページ
  • NEWS
  • トピックス
  • 九州大学と双日、 分離膜を用い、大気から二酸化炭素を直接回収する技術と その関連技術の社会実装に関する覚書を締結