NEWS

本学教員が第16回(令和元年度)日本学術振興会賞及び日本学士院学術奨励賞を受賞

公開日:2020.03.16

 

トピックス

井村裕夫・日本学士院長より表彰

 本学の、下記の5名が第16回(令和元年度)日本学術振興会賞を受賞し、贈呈式が令和2年2月18日(火)に、日本学士院(東京都台東区)において執り行われました。
 また、松下准教授は、第16回(令和元年度)日本学士院学術奨励賞を受賞し、受賞者代表挨拶を行いました。

池田史代教授(生体防御医学研究所)

佐竹暁子教授(大学院理学研究院)

下地理則准教授(大学院人文科学研究院)

松下智直准教授(大学院農学研究院)(令和2年3月1日より、京都大学理学部教授 兼本学農学研究院客員教授)

馬奈木俊介主幹教授(大学院工学研究院)

 「日本学術振興会賞」は、我が国の学術研究の水準を世界のトップレベルにおいて発展させるため、創造性に富み優れた研究能力を有する若手研究者を早い段階から顕彰し、その研究意欲を高め、研究の発展を支援していくことを目的に、平成16年度に創設されたものです。
 また、「日本学士院学術奨励賞」は、日本学士院が若手研究者を顕彰し、今後の研究を奨励することを目的として平成16年に創設されたもので、日本学術振興会賞受賞者の中から優れた研究成果をあげ、今後の活躍が特に期待される若手研究者に授与されるものです。
 松下准教授は、研究課題「植物の光受容体フィトクロムによる遺伝子発現の多段階制御機構の解明」が高く評価され、今回の日本学士院学術奨励賞受賞となりました。

【参考】

〇第16回(令和元年度)日本学術振興会賞を本学教員が受賞
https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/topics/view/1564 

〇松下智直准教授が第16回(令和元年度)日本学士院学術奨励賞を受賞
https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/topics/view/1571

受賞者代表挨拶を行う松下智直准教授
※写真右:秋篠宮皇嗣同妃両殿下、写真左:(左から)小林誠・日本学術振興会審査会委員長、里見進・日本学術振興会理事長

お問い合わせ

研究・産学官連携推進部研究推進課プロジェクト支援係
電話:092-802-2322
Mail:kesprosien★jimu.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る